Talks

Talks in international conferences, workshop (the speaker is underlined)

Year Title - Authors - Conference
2020 Adjoint-based computation of the exact Hessian-vector multiplication
S. Ito, T. Matsuda, Y. Miyatake
ICNAAM 2020, Rhodes (Greece), September 17-23, 2020.
2020 Adjoint-based computation of the exact Hessian-vector multiplication
S. Ito, T. Matsuda, Y. Miyatake
SIAM Conference on Uncertainty Quantification (UQ20), Garching (Germany), March 24-27, 2020.
The conference was cancelled due to Covid-19.
2020 Adjoint-based algorithm for computing the exact Hessian-vector multiplication
Y. Miyatake
ANZIAM2020, Hunter Valley (Australia), February 2-6, 2020.
2019 Quantifying discretisation errors by isotonic regression and its application to estimating ODE models
T. Matsuda, Y. Miyatake
Geometric Numerical Integration of Differential Equations, Beijing (China), September 9-13, 2019.
2019 Estimation of ODE models with quantifying discretization error
T. Matsuda, Y. Miyatake
SciCADE2019, Innsbruck (Austria), July 22-26, 2019.
2019 On the equivalence between SOR-type methods for linear systems and Itoh–Abe-type discrete gradient methods for gradient systems
Y. Miyatake, T. Sogabe, S.-L. Zhang
SciCADE2019, Innsbruck (Austria), July 22-26, 2019.
2019 Quantifying and reducing forward uncertainty in estimating parameters of initial value problems
T. Matsuda, Y. Miyatake
SIAM: East Asian Section Conference 2019, Wuhan (China), June 13-16, 2019.
2019 On an interval truncation method of the double exponential formula for the matrix logarithm
F. Tatsuoka, T. Sogabe, Y. Miyatake, S.-L. Zhang
SIAM: East Asian Section Conference 2019, Wuhan (China), June 13-16, 2019.
2019 Estimating ODE models by iteratively reweighted least squares
T. Matsuda, Y. Miyatake
A3 Workshop on fluid dynamics and related topics, Kobe (Japan), March 6-9, 2019.
2019 Reducing the effect of discretization errors in estimating ODE models by iteratively reweighted least squares
T. Matsuda, Y. Miyatake
ANZIAM 2019, Nelson (New Zealand), February 3-7, 2019.
2018 Structure-preserving model reduction for initial value problems with a first integral
Y. Miyatake
CJK2018 Joint Conference on Numerical Mathematics, Kanazawa (Japan), August 20-25, 2018.
2018 Computation of the matrix logarithm using the double exponential formula
F. Tatsuoka, T. Sogabe, Y. Miyatake, S.-L. Zhang
Numerical Analysis and Scientific Computation with Applications (NASCA 2018), Kalamata (Greece), July 2-5, 2018.
2018 Computation of the matrix fractional power based on the double exponential formula
F. Tatsuoka, T. Sogabe, Y. Miyatake, S.-L. Zhang
SIAM: East Asian Section Conference 2018, Tokyo (Japan), June 22-25, 2018.
2018 Energy-preserving model reduction for Poisson systems
Y. Miyatake
SIAM: East Asian Section Conference 2018, Tokyo (Japan), June 22-25, 2018.
2018 Application of an energy-preserving integrator to quantum-mechanical wavepacket dynamics
T. Sakai, S. Kudo, H. Imachi, Y. Miyatake, T. Hoshi, Y. Yamamoto
SIAM: East Asian Section Conference 2018, Tokyo (Japan), June 22-25, 2018.
2017 Structure-preserving continuous stage Runge-Kutta methods
Y. Miyatake
A3 Workshop on Fluid Dynamics and Material Science, Qingdao (China), October 12-15, 2017.
2017 Finite difference schemes preserving multiple invariants for evolutionary partial differential equations
D. I. McLaren, Y. Miyatake, G. R. W. Quispel
SciCADE2017, Bath (UK), September 11-15, 2017.
2017 On the equivalence between the SOR-type methods and the Itoh–Abe discrete gradient methods
Y. Miyatake, T. Sogabe, S.-L. Zhang
SIAM: East Asian Section Conference 2017, Seoul (South Korea), June 21-25, 2017.
2017 Iterative solvers based on the discrete gradient method for symmetric positive definite linear systems
Y. Miyatake, T. Sogabe, S.-L. Zhang
19h International Conference on Finite Elements in Flow Problems - FEF 2017, Rome (Italy), April 5-7, 2017.
2016 Structure-preserving Galerkin methods based on variational structure
Y. Miyatake
IMI-La Trobe Joint Conference: Geometric Numerical Integration and its Applications, Melbourne (Australia), December 5-7, 2016.
2016 An Energy-preserving -Galerkin Scheme for the Hunter-Saxton Equation
Y. Miyatake (joint work with G. Eom, T. Sogabe, S.-L. Zhang)
SIAM: East Asian Section Conference 2016, Macao (China), June 20-22, 2016.
2016 The construction of parallel energy-preserving methods for Hamiltonian systems
Y. Miyatake (joint work with J.C. Butcher)
Oberwolfach Workshop, Geometric Numerical Integration, Oberwolfach (Germany), March 20-26, 2016.
2015 The construction of parallel energy-preserving methods for Hamiltonian systems
Y. Miyatake, J.C. Butcher
SciCADE 2015, Potsdam (Germany), September 14-18 2015.
2015 Geometric numerical integration methods for evolution equations and their recent development
Y. Miyatake
2015 International Workshop on Computational Science and Engineering, Nagoya (Japan), May 23 2015.
2014 A fourth‐order energy‐preserving exponentially‐fitted integrator for Poisson systems
Y. Miyatake
ICNAAM 2014, Rhodes (Greece), September 22-28 2014.
2014 A parallel energy-preserving method for Hamiltonian systems
Y. Miyatake
KCNADE 2014, Kyoto (Japan), September 16-20 2014.
2014 An energy-preserving finite-difference scheme for the modified Hunter-Saxton equation
Y. Miyatake, D. Cohen, D. Furihata, T. Matsuo
ANZIAM 2014, Rotorua (New Zealand), February 2-6 2014.
2013 On the derivation of energy-preserving -Galerkin schemes for Hamiltonian partial differential equations
Y. Miyatake, T. Matsuo
SciCADE 2013, Valladolid (Spain), September 16-23 2013.
2013 An energy-preserving exponentially-fitted continuous stage Runge-Kutta method for Hamiltonian systems
Y. Miyatake, T. Matsuo
SciCADE 2013, Valladolid (Spain), September 16-23 2013.
2013 A discontinuous Galerkin method based on variational structures
T. Matsuo, Y. Aimoto, Y. Miyatake
Czech-Japanese Seminar in Applied Mathematics 2013, Tokyo, September 5-8 2013.
2013 Invariants-preserving integration of the modified Camassa-Holm equation
Y. Miyatake (joint work with T. Matsuo and D. Furihata)
The 9th East Asia SIAM Conference, Bandung (Indonesia), June 18-20 2013.
2013 Structure-preserving discretizations for Ostrovsky-type nonlocal nonlinear wave equations
Y. Miyatake (joint work with T. Yaguchi and T. Matsuo)
The Third International Conference: Nonlinear Waves-Theory and Applications, Beijing, June 12-15 2013.
2013 Energy-preserving exponentially-fitted integrators for Hamiltonian systems
Y. Miyatake, T. Matsuo
2013 Tokyo Workshop on Structure-Preserving Methods, Tokyo, January 2013.
2012 Energy conservative/dissipative -Galerkin semi-discretizations for partial differential equations
Y. Miyatake, T. Matsuo
ICNAAM 2012, Kos (Greece), September 19-25 2012.
2012 A structure-preserving wavelet collocation method for nonlinear partial differential equations
Y. Miyatake, T. Matsuo
ICCAM 2012, Gent (Belgium), July 9-13 2012.
2011 Structure preserving finite difference schemes for the Ostrovsky equation
Y. Miyatake, T. Yaguchi, T. Matsuo
2011 Tokyo Workshop on Structure-Preserving Methods, Tokyo, February 2011.
2011 Conservative Finite Difference Schemes for the Degasperis-Procesi Equation
Y. Miyatake, T. Matsuo
ICCAM 2010, Leuven (Belgium), July 5-9 2010.

国内学会・研究集会

講演題目 - 著者 - 学会 (研究集会)
2020 Second-order adjoint方程式に基づくヘッセ行列の計算について
伊藤伸一, 松田孟留, 宮武勇登,
日本応用数理学会2020年度年会, オンライン開催, 2020年9月.
2019 データ科学におけるいくつかの数値解析学的話題
宮武勇登
若手応用数学研究会, 金沢, 2019年12月. [Slide]
2019 離散化誤差を考慮した常微分方程式モデルのパラメータ推定
松田孟留, 宮武勇登
RIMS研究集会:諸科学分野を結ぶ基礎学問としての数値解析学, 京都, 2019年11月.
2019 行列対数関数に対する二重指数関数型公式における積分区間の設定方法について
立岡文理, 曽我部知広, 宮武勇登, 張紹良,
日本応用数理学会2019年度年会, 東京大学(東京), 2019年9月.
2019 二重指数関数型公式を用いた行列対数関数の計算について
立岡文理, 曽我部知広, 宮武勇登, 張紹良,
日本応用数理学会 第15回 研究部会連合発表会, 筑波大学(茨木), 2019年3月.
2018 常微分方程式の初期値推定における離散化誤差に由来するバイアスの軽減に向けて
松田孟留, 宮武勇登
RIMS研究集会:次世代の科学技術を支える数値解析学の基盤整備と応用展開, 京都, 2018年11月.
2018 離散化誤差を考慮した常微分方程式の初期値推定について
松田孟留, 宮武勇登
日本応用数理学会2018年度年会, 名古屋大学(愛知), 2018年9月.
2018 反応拡散方程式に対する修正Strang splitting解法について
中野航輔, 宮武勇登, 剱持智哉, 曽我部知広, 張紹良
日本応用数理学会2018年度年会, 名古屋大学(愛知), 2018年9月.
2018 最適化問題に対する離散勾配法
宮武勇登
京都大学応用数学セミナー, 京都, 2018年7月. [SLIDE]
2018 保存量を持つ常微分方程式に対するモデル縮減について
宮武勇登
常微分方程式の数値解法とその周辺2018, 大阪, 2018年7月.
2018 T-congruence Sylvester方程式と一般化Sylvester方程式の関係について
佐竹祐樹, 曽我部知広, 宮武勇登, 剱持智哉, 張紹良
第47回数値解析シンポジウム, 福井, 2018年6月.
2018 ウルフ条件を利用した適応型SOR法
宮武勇登, 曽我部知広, 張紹良
第47回数値解析シンポジウム, 福井, 2018年6月.
2018 SOR法の緩和パラメータの幾何学的解釈
宮武勇登, 曽我部知広, 張紹良
日本応用数理学会 第14回 研究部会連合発表会, 大阪, 2018年3月.
2017 SOR法と離散勾配法の関係と緩和パラメータに関する考察
宮武勇登, 曽我部知広, 張紹良
応用数学合同研究集会, 瀬田, 2017年12月.
2017 波動方程式に対するモデル縮減手法を組み込んだ確率的数値解法について
宮武勇登
日本応用数理学会2017年度年会, 武蔵野大学(東京), 2017年9月.
2017 Dirichlet 境界条件下の偏微分方程式に対する splitting 解法の収束性劣化の改善案
中野航輔, 宮武勇登, 曽我部知広, 張紹良
第46回数値解析シンポジウム, 滋賀, 2017年6月.
2017 発展方程式に対する構造保存数値解法の考え方について
宮武勇登
ダイナミクス研究会中野, 東京(明治大学), 2017年5月.
2017 行列乗根のためのNewton法の高速化について
立岡文理, 曽我部知広, 宮武勇登, 張紹良
日本応用数理学会 第13回 研究部会連合発表会, 東京, 2017年3月.
2017 線形方程式に対する定常反復法と常微分方程式の関係
宮武勇登
数理人セミナー, 筑波, 2017年2月.
2017 発展方程式に対して複数の保存量を再現する差分スキームの導出
宮武勇登
流体方程式の構造と特異性に迫る数値解析・数値計算 II, 名古屋, 2017年1月.
2017 微分方程式の数値解法にあらわれる行列計算
宮武勇登
ワークショップ「行列計算のための数値計算法」, 名古屋, 2017年1月.
2016 発展方程式に対する複数の保存量を再現する差分スキーム
D.I. McLaren, 宮武勇登, G.R.W. Quispel
応用数学合同研究集会, 瀬田, 2016年12月.
2016 保存則に即した数値計算手法
宮武勇登
研究会「計算物質科学における時空間アップスケーリングと数理手法」, 東京, 2016年11月.
2016 発展方程式に対する構造保存数値解法
宮武勇登
応用数学フレッシュマンセミナー 2016, 京都, 2016年10月.
2016 勾配系の数値計算に基づく線形方程式の数値解法の生成について
宮武勇登, 曽我部知広, 張紹良
RIMS研究集会:現象解明に向けた数値解析学の新展開 II, 京都, 2016年10月.
2016 KdV方程式に対する複数の保存量を再現する差分スキーム
D.I. McLaren, 宮武勇登, G.R.W. Quispel
日本応用数理学会2016年度年会, 北九州(福岡), 2016年9月.
2016 散逸型偏微分方程式に対する重み付き変分原理に基づいた散逸スキームの導出法
宮武勇登, 谷口隆晴
第5回岐阜数理科学研究会, 高山(岐阜), 2016年8月.
2016 ハミルトン系に対する無段式Runge–Kutta法のエネルギー保存条件
宮武勇登
常微分方程式の数値解法とその周辺2016, 大阪, 2016年7月.
2016 行列乗根のためのIncrement型Newton法について
立岡文理, 曽我部知広, 宮武勇登, 張紹良
第45回数値解析シンポジウム, 鹿児島, 2016年6月.
2016 散逸型偏微分方程式に対するある種の変分原理に基づく散逸スキームの導出法
宮武勇登, 谷口隆晴
第45回数値解析シンポジウム, 鹿児島, 2016年6月.
2016 エネルギー保存数値解法の大規模物質計算への展開
井町宏人, 宮武勇登, 星健夫
日本応用数理学会 研究部会連合発表会, 神戸, 2016年3月.
2015 制御理論に現れる最小特異値を用いた関数の極値問題について
成瀬由基, 曽我部知広, 宮武勇登, 張紹良
日本応用数理学会「行列・固有値問題の解法とその応用」研究部会 第20回研究会
2015 ハミルトン系に対する高精度・並列エネルギー保存解法
宮武勇登
研究会「数理構造保存を接点とした数学・HPC・実科学のクロスオーバー」, 東京, 2015年11月.
2015 長時間積分用のエネルギー保存解法
宮武勇登
RIMS研究集会:現象解明に向けた数値解析学の新展開, 京都, 2015年11月.
2015 ハミルトン系に対する並列エネルギー保存解法
宮武勇登
東京大学数値解析セミナー(第73回), 東京, 2015年6月.
2015 無段式Runge-Kutta法の次数条件
J.C. Butcher, 宮武勇登
第44回数値解析シンポジウム, 甲州, 2015年6月.
2015 Benjamin型方程式の構造保存数値解法
衣笠公陽, 宮武勇登, 松尾宇泰
第44回数値解析シンポジウム, 甲州, 2015年6月.
2014 ハミルトン系に対する並列的なエネルギー保存解法
宮武勇登
日本応用数理学会2014年度年会, 東京, 2014年9月.
2014 Hunter-Saxton方程式の離散化における境界条件の扱いについて
宮武勇登, D. Cohen, 降籏大介, 松尾宇泰
第43回数値解析シンポジウム, 石垣, 2014年6月.
2014 一般の境界条件の下での保存・散逸的不連続ガレルキン法
相本佳史, 松尾宇泰, 宮武勇登
日本応用数理学会 研究部会連合発表会, 京都, 2014年3月.
2014 修正Hunter-Saxton方程式に対するエネルギー保存スキーム
宮武勇登, D. Cohen, 降籏大介, 松尾宇泰
日本応用数理学会 研究部会連合発表会, 京都, 2014年3月.
2014 Poisson系に対する時間4次精度のエネルギー保存EFスキームの導出について
宮武勇登
研究集会「常微分方程式の数値解法とその周辺2014」, 静岡理工科大学袋井キャンパス, 2014年3月.
2014 Poisson系に対するエネルギー保存解法の特徴付けとその応用
宮武勇登
環瀬戸内応用数理研究部会 第17回シンポジウム, 松山, 2014年1月.
2013 高振動系に対する構造保存Gautschi型スキーム
宮武勇登
応用数学合同研究集会, 瀬田, 2013年12月.
2013 振動解を持つハミルトン系に対する陽的な保存スキームの導出とその誤差解析
宮武勇登, 松尾宇泰
日本応用数理学会2013年度年会, 福岡, 2013年9月.
2013 偏微分方程式の構造保存数値解法における空間離散化について
宮武勇登, 松尾宇泰
日本応用数理学会2013年度年会, 福岡, 2013年9月.
2013 無段式ルンゲ・クッタ法とそのハミルトン系への応用
宮武勇登, 松尾宇泰
日本応用数理学会 研究部会連合発表会, 東京, 2013年3月.
2012 周期/振動解を持つ常微分方程式に特化した保存スキームの導出法
宮武勇登, 松尾宇泰
応用数学合同研究集会, 瀬田, 2012年12月.
2012 構造保存有限要素法とその適合格子への拡張
宮武勇登, 松尾宇泰
日本応用数理学会2012年度年会, 稚内, 2012年8月.
2012 ウェーブレットに基づく離散変分法
宮武勇登, 松尾宇泰
第41回数値解析シンポジウム, 群馬, 2012年6月.
2012 ポテンシャル関数を用いた新しい離散変分スキームの導出について
宮武勇登, 松尾宇泰
日本応用数理学会 研究部会連合発表会, 福岡, 2012年3月.
2011 発展方程式に対する散逸/保存Galerkinスキーム導出について
宮武勇登, 松尾宇泰
応用数学合同研究集会, 瀬田, 2011年12月.
2011 Camassa-Holm 方程式に対するエネルギー保存 Galerkin スキーム
宮武勇登, 松尾宇泰
日本応用数理学会2011年度年会, 京都, 2011年9月.
2011 Ostrovsky 方程式に対する構造保存型差分スキーム
宮武勇登, 谷口隆晴, 松尾宇泰
日本応用数理学会 研究部会連合発表会, 東京, 2011年3月.
2010 Modified Camassa-Holm 方程式に対する保存型陰的線形スキーム
宮武勇登, 松尾宇泰, 降籏大介
応用数学合同研究集会, 瀬田, 2010年12月.
2010 Modified Cammasa-Holm 方程式に対する保存スキーム
宮武勇登, 松尾宇泰, 降籏大介
北海道大学 偏微分方程式セミナー, 2010年11月.
2010 Modified Cammasa-Holm 方程式に対する保存スキーム
宮武勇登, 松尾宇泰, 降籏大介
日本応用数理学会2010年度年会, 東京, 2010年9月.
2010 Degasperis-Procesi 方程式に対する保存スキーム
宮武勇登, 松尾宇泰
第39回数値解析シンポジウム, 鳥羽, 2010年5月.